連載(日経バイオテク)

連載(日経バイオテク)

マサチューセッツ州のバイオ・製薬産業はこんな大きさ

非営利組織の米MassBioは、2022年8月30日、マサチューセッツ州におけるバイオ産業の概況をまとめた「2022 Industry Snapshot」を公表しました。
連載(日経バイオテク)

失敗しないCROとの働き方

さて、前回のコラムでは創薬研究における医薬品開発受託機関(CRO)の選び方について書きました。では仮に、目的のCROを選ぶことができたとして、実際に彼らとどのように仕事をするのでしょうか?
連載(日経バイオテク)

創薬研究でCROを選ぶとき、押さえておきたい3つのポイント

バイオ・製薬業界にとっては身近なCROですが、今回はその選び方について解説したいと思います。
連載(日経バイオテク)

シェアラボから自立するスタートアップの移転先探しは楽じゃない

ボストンで創業したスタートアップが、計画通りの実験データを得ることができ、投資家から資金を確保でき、人材を増やして規模が少し大きくなってきたら、次はどこに移ればいいのでしょうか。今回は私の経験から、バイオスタートアップがシェアラボを出た後の移転先探しについてまとめたいと思います。
連載(日経バイオテク)

スタートアップ向けシェアラボの魅力とは?

ボストンは世界有数のイノベーション都市であり、特にライフサイエンスやバイオの研究が盛んに行われています。ボストンには、1000社超のバイオ企業が拠点を持っているともいわれ、今後もたくさんのバイオスタートアップがこの地で生まれることは間違いないでしょう。
連載(日経バイオテク)

米国の創薬スタートアップ、調達資金の使い道

第1回は、ボストンの創薬スタートアップが、調達した莫大な資金を何に使っているかについて考えていきたいと思います。
連載(日経バイオテク)

日経バイオテクでコラム記事発信開始!

米国マサチューセッツ州ボストンは、世界最大規模のバイオクラスターとして、今もその規模が拡大中。アカデミア・創薬スタートアップで研究者として働いた著者が、ボストン界隈のバイオ業界で起きている日常やホットな話題、役立つ情報などを発信します。
タイトルとURLをコピーしました