ボストンのアジア系・日系スーパーマーケット

生活

こんにちは、ボストンで創薬研究者をしているボスサラです。

最近オフィスに行き始めたのでスーパーで買ったものを間食やランチに持って行ってます。それら一部は日系スーパーマーケットで買ったものです。

今回は私がよく行っている(よく行っていた)アジア系・日系のスーパーマーケットをご紹介します。

日本食が恋しい人は必読です!(笑)

Maruichi(ブルックライン店)

2019年のオープンを噂で聞いてオープンまでずっと楽しみにしていました。昔はGen Sou En Teahouseというレストランが入っていました。そこの一部がスーパーマーケットMaruichiとなり、他にもラーメン店、お好み焼き店が入っています。

Maruichiには日本のお菓子、お米、パン、おつまみ、刺身、惣菜、弁当、おにぎり、ソフトドリンク、野菜、薄切り肉、味噌、豆腐、納豆、冷凍食品、…など、いろいろ売っていてめちゃくちゃ活用しています。

個人的には豆腐、刺身、シラスとかを常時買っています。

野菜はAssawaga Farmから直送の野菜(小松菜、水菜、なす、トマト、オクラ、レタスなど)もあります。Assawaga Farmはコネチカット州にある日本人の方がされているファームで、そこの新鮮な野菜が買えます。

ラーメン点はBrooklyn Ramen(ややこしいですがBrookline ramenではありません。)という元々ニューヨークにあったお店のようです。お好み焼き点はHachirokuという名前。両方とも行ったことないので美味しいかどうかは知りません(笑)

一つ問題は専用の駐車場がない点です。店舗の位置するHarvard Street沿いにはストリートパーキングがありますが、クーリッジコーナー近辺は混み合うため、車が止められない場合があります。

Maruichi(アーリントン店)

ブルックライン店に続き、2021年にアーリントン店もオープン。ブルックライン店と似たようなものが売っていますが、一部品揃えが違うものもあります。

ただし、ブルックラインと違い食事ができる店は入っていません。店内にはMaruichiスーパーマーケットのみです。

ブルックライン店と違い駐車場があるので安心です。

H-MART(ケンブリッジ、バーリントン店)

ケンブリッジ、バーリントンにある韓国系スーパーマーケット。Maruichiができるまでは薄切り肉を買いによく行っていました。

韓国のものが見られますが、日本のものも売っています。お茶屋カルピスなどのソフトドリンクやお菓子などもよく買っていました。韓国の惣菜(チジミや甘辛く味付けされた肉など)も美味しいです。

両方とも店内にフードコートがあり気軽にランチなどが食べられるので便利です。あと、パン・ケーキ屋も入っています。

Ebisuya Japanese Market

メッドフォードにある日系スーパーマーケット。Maruichiができるまではここしか日系のスーパーがなかったのでよく行っていました。

日本の日用品(洗剤、箸、茶碗、ラップなど)、文具や雑誌まで置いていて便利です。

また、ここの良い点は中に寿司がオーダーできるところがあって、受け取りを待っている間に買い物ができる点です。できた寿司は店内でも食べることができます。(席の空きがない場合あり)

また、近くに日本語学校があり、土曜日の朝は混む時があるので注意が必要。

駐車場はありませんが、周囲にストリートパーキングがあります。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ボストンでも日本の製品や野菜、日本食用の肉魚が手に入るのは便利ですよね。これからボストンに来る人であれば、これだけアジア系・日系スーパーマーケットがあり安心できたのではないでしょうか。日本からおやつを持ってこなくても大丈夫です。(笑)

ただ、もちろん日本で販売されている価格のまま手に入るわけではありません。納豆や豆腐など日本で安価で手に入るようなものは、こちらに来て2-3倍の値段で売られていることにびっくりするかもしれません。

でも、日系スーパーマーケットがボストンに多くなかった時代を過ごしてきた私たちにとっては、これだけ日本の食品が容易に手に入るようになっただけで本当にありがたいことなのです。

日本の食品を供給してくれる上記のお店の方々に本当に感謝しています!

ということで、今回はここまで。

タイトルとURLをコピーしました